2003年からキノコ観察や森林ボランティアなど活動しています

藻岩山きのこ観察会の活動報告
ホームページの文字等を大きくして閲覧する方法
2021.09.11
ホームページの文字が小さくて見づらいという声が複数の方から来ております。簡単に文字や画面を大きくしてご覧になれる方法を説明致します。
◎ 只今開いている画面の右上をご覧下さい。
◎ 画面を閉じる赤枠に白✖の下に小さな黒点・が縦に3個並んでます。ここをクリックして下さい。
◎ いろいろなタスクの一覧の表がでます。
◎ 中程に「ズーム」があります。
◎ ここのプラスをクリックすると全体が大きくなります。
◎ 何度かクリックして好みの大きさにして、ホームページの閲覧をお楽しみ下さい。

全ての記事一覧を見る
藻岩山きのこ観察会の活動報告
好天で暑い日が続き、夏日となった今日、月形陶芸館駐車場に11名が集合しました。久しぶりに参加したSさんが、旭川からムキタケ、フチドリツエタケなどを、M班長がヤマドリタケなどを持参してくれたので、簡単にミニ鑑定会をやりました。恒例の自己紹介(Sさんからマツタケ40本採ったと羨ましい近況報告)の後、キャンプ場へキノコ探し。ここ数年ナラタケがたくさん採れていたが、今年は皆目見当たらない。かわりにツチスギタケ、ムジナタケが多く発生していました。それでも進んでいくうちに、わずかにナラタケ幼菌が見つかった。次にキャンプ場から炭小屋の径散策路に入る。
クロサカズキシメジが数本、ニオイコベニタケが1本、アカ ・・・  続きを読む
写真あり
2022.09.25
写真あり
2022.09.25
写真あり
2022.09.25
全ての記事一覧を見る
藻岩山きのこ観察会とは
NPO法人 藻岩山きのこ観察会
〒064-0944
北海道札幌市中央区円山西町8丁目5番1-202号
中田洋子宅
Tel・Fax 011-631-8344
代表 中田洋子
きのこ観察会の開催や森林ボランティア活動
現在会員数250名

『藻岩山きのこ観察会は、主に藻岩山、旭山の自然を楽しみながら、きのこを通して会員の交流を図り、現状の植生環境に十分注意を払い、菌類の発生状況や役割に関する観察、記録、標本づくりなどを行い、その資料を地域社会に貢献できるようにし、さらに菌類の啓発・普及活動と環境保全活動を行うことを目的としています。』
表彰やコンクールなどの受賞履歴
当団体がこれまでに受賞した表彰やコンクールなどの受賞履歴を掲載しています。
藻岩山きのこ観察会の最新のチラシ
藻岩山きのこ観察会のきこの情報誌
 情報紙『ポルチーニ』
 年一回発行
藻岩山きのこ観察会のきこ発行のきのこ書籍
 『藻岩山の森林と関わるきのこたち』
 消費税込み 5,500円(数量限定)
家族きのこ観察会
 『家族きのこ観察会』
 ■9月第25日9:00〜12:00
 >> 詳しくはこちらから