10月6日(日)C班 きのこ定例観察会報告

藻岩山きのこ観察会
藻岩山きのこ観察会のトップ >> 活動報告の一覧 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
10月6日(日)C班 きのこ定例観察会報告
2019.10.06
「これは、何だろう…?」いつものように、キノコを探しながら林道を歩いていると、それは見えました。近づいて見ると、6本の棒状のモノが…これは草木の葉が落ちた茎だけか?上から落ちてきて地面に刺さった植物の種か?それとも、誰かのイタズラか?…、触ってみますと、結構固く弾力が有り、どれも背が高く、肌色でキクラゲのような触り心地です。間違い無い、「これはキノコである」と確信し、持って帰ってから図鑑で調べました。どうやらこれは「クダタケ」のようです。一番背が高いモノは24センチもありました。今年最後の観察会で、ひとつキノコを覚えることが出来ました。他にも、コガネタケ、アシボソノボリリュウ、ホテイナラタケ、等を観察し、今年最後の観察会を、無事に終わることが出来ました。(C班 前 政邦記)
         

前の記事を見る次の記事を見る
藻岩山きのこ観察会のトップに戻る