5月31日(金)もいわ山の日

藻岩山きのこ観察会
藻岩山きのこ観察会のトップ >> 活動報告の一覧 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
5月31日(金)もいわ山の日
2019.06.06
5月31日は、ご存知、標高531mにちなんだ「もいわ山の日」。春の藻岩山を幅広く楽しんでもらう目的から循環バスは無料、ロープウェイも格安で乗ることができます。主なイベントは山頂や山腹駅で6月2日まで続きますが、当会の協賛参加はこの日のみ。山頂の特設テントで札幌市環境局の環境共生及び熊対策担当者とご一緒にイベント参加の呼び掛けと展示等(「きのこ」展示、「きのこ鑑定」案内、「きのこ汁」提供、「花・虫などの探索(生き物さがし)」案内。)を行いました。
これまで毎年7月下旬にわれていたイベント「藻岩山自由研究博覧会」が今年から行われなくなったことから、今回のイベントが当会の藻岩山(頂)での唯一の行事となります。それなのに当日は金曜日で雨の予報。なおかつ週末に運動会を控えた小学校が多いこともあるのか登山者や観光客を含めて人出は多くありませんでした。
しかも、今年の札幌は雨量が極端に少なく、高温の日が続いたこともあってきのこの発生が乏しく、用意できたのは多孔菌科のきのこばかり。これでは寂しいのでベニテングタケとタマゴタケの模型を展示して賑わいを演出しました。それでもいろんな人が覗いてくれるので、そんな方に「どっちが毒きのこ(だと思いますか)?」と聞くと、ほぼ全員がベニテングタケを指さします。同時に沢山の方から「こちら(タマゴタケ)は食べられるのですか?」と聞かれます。「こんなに美味しいきのこは無い。」と答えます。傍に置いたマゴジャクシは手にとった人が「えっ、模型じゃないの?」と全員同じ反応をするのが面白かったことでした。
そんなわけで、「なんでもきのこ鑑定団」に持ち込まれたきのこはゼロ。「登山道で1センチもない黄色いきのこが固まって生えていましたよ〜」という登山者情報がありました。
水分不足で大きくなれないタモギタケかと思われました。
にもかかわらず、藻岩山の緑は日々葉を広げている最中で、11時と14時からの散策路探索(生き物さがし)には合わせて9人の参加がありました。丁度エゾハルゼミの季節らしく散策路脇の木々にも所々セミの抜け殻が見られます。形が面白いので写真に収めます。花&草木に関してはエコロジーとフィールドワークに抜群の知識・感性を持つ会員3人が参加していましたので、どんな質問に対してもユーモアをまぶした解答が返ってきて楽しく過ごせました。
一方、12時開始のきのこ汁も開始時間前から大勢の行列ができて、準備した150杯が完配するのに多くの時間はかかりませんでした。協力していただいた河原、羽賀さんありがとうございました。5種類のきのこ(タモギタケ、エリンギ、ブナシメジ、マイタケ、シイタケ)の味がほどよく融け合って大変美味しくいただけました。インドネシアの女性達にも喜んでもらえましたが、はて!ハラール的には大丈夫だったかしらん・・
10時集合15時終了の充実した1日でした。
確認した花:ニリンソウ、ヒトリシズカ、クルマバソウ、オオカメノキ、チョウセンゴミシ、コンロンソウ、アオチドリ、オククルマムグラ、アオダモ、ルイヨウボタン、ルイヨウショウマ、ツシマアザミ、タニギキョウ、ミヤマエンレイソウ、エンレイソウ、フッキソウ、クルマバツクバネソウ、レンプクソウ、オクノカンスゲ、ハルサキヤマガラシ、ヒメフウロ、コウゾリナ、キバナノコウリンタンポポ、マイズルソウ、ブタナ 計25種
野花&樹木講師:山形誠一、山川泰弘、井村芳次。きのこ汁作成:河原正太、羽賀祥江。協力者:中田洋子(理事長)、内川准一、柳下文夫、柳下益子、大桃小やえ。(A班 内川記)

前の記事を見る次の記事を見る
藻岩山きのこ観察会のトップに戻る